アフターピル値段

アフターピル値段

 世の中、全世界の望まない妊娠を避けたいと考える全ての女性に、この情報を

 

発信したいと思います。アフターピルの存在はご存知でしょうか。

 

事後経口避妊薬です。低用量ピルのように緩やかに妊娠しない状態にホルモンを調整するのではなく強制的に短時間で妊娠を回避させる薬です。

 

この説明から、強い薬なんだろう。強い副作用が出るんだろうと感じる女性が居るかもしれませんが。

 

心配不要です。従来、確かに吐き気・嘔吐などの副作用が報告されてましたが。改良に改良を重ねて現在のアフターピルは殆ど副作用が起きなくなってます。

 

また12時間置いて2錠目を飲むというタイプから、たった錠を1回服用するだけで処置は終わりというタイプに移行しつつあります。

 

 

そんなアフターピルの値段は決して高い物ではありませ。

 

安心してお買い物して頂けると思います。

 

買い物と言っても薬局では購入できません。

 

産婦人科医の受診を経るか、通販で万が一に備えて予め購入しておくかの二通りしかありません。

 

因みに事後に産婦人科を受診しても、通常、特別内診を行う事は無いのですが、その点、若干敷居は低いのかもしれませんが「緊急事態」が土日祝日・夜間
だったりすると処置が、その分遅れますよね。

 

アフターピルの避妊成功率は99%を誇ってますが事後、72時間以内の服用というのが必須条件になりますので直ぐに服用に至れない状況はリスキーで有る事に変わりは有りません。

 

そんなタイミングで緊急事態に見舞われても慌てないで済むように通販で予め購入しておいて万が一に備える事をお勧めしたいと思います。

 

望まない妊娠から貴女を守るアフターピルについて少し一緒に勉強しましょう。

 

因みに、アフターピルの前と後の陰性反応を確認する為に妊娠検査薬を試す事をお勧めします。

アフターピル失敗

 例え事後でも72時間以内に服用する事で99%の高確率で妊娠を回避してくれる

 

アフターピルですが避妊失敗のケースも有りますので挙げたいと思います。

 

失敗例を熟知して失敗のパターンを避けて頂きたいと思います。

 

まず落ち着いて一番最初にやってほしい事が有ります。

 

既に妊娠しうる機会が有り、心当たりが有る方はアフターピルを

 

服用する前に陽性反応が無いか確認してから服用してほしいと思います。

 

改良したとはいえ、強い薬に変わりは有りません。

 

赤ちゃんへの影響は報告されてませんが母体に負担が掛かるので

 

心当たりが有れば、まず、検査を済ませてから服用してください。

 

また、自己判断で服用量の加減をしない事。

 

 

思わぬ副作用で効能を発揮されない事態になる可能性が有ります。

 

では、既に浸透した常識となってると思いますが今一度・・・・・・・。

 

服用後、二時間以内の嘔吐・下痢で吸収される前に排出してしまった場合が

 

最も多いかと思います。また、処方された薬が二回に分けて服用する

 

タイプならば、12時間後に二度目を服用というルールを逸脱して

 

大幅に二度目の服用が遅れた為に失敗という結果になる場合も考えられます。

 

また非常に稀ですが、常に服用してる常備薬が効能を弱めていたり。服用してる薬などが有れば念の為に医師に相談しましょう。

 

又は失敗ではなく既に妊娠が成立していた場合も有ります。

 

緊急避妊薬は赤ちゃんの着床先の内膜を剥がすモノで堕胎させる為の薬ではないので着床が成立していれば効果は有りません。

 

以上を把握したうえで「最悪」を回避してほしいと願います。

 

正しい服用ルール等、アフターピルの詳細を納得できましたら服用しましょう

 

服用前・服用後に最終確認をしましょう

アフターピル出血

 アフターピルを服用し消退出血を待ってる間ってやはり不安ですよね。

 

出血が有っても、その後やはり生理が止まるケースも多々あります。

 

何週間も来ない生理に疑心暗鬼になり避妊に失敗したのでは?!とか

 

あれは着床出血だったんじゃないかとか不安になりすぎ心配しすぎて

 

それがストレスに直結して何か月も止まってしまうケースが有ります。

 

皆さんに出来る事は、まずアフターピルを信じる事です。

 

行為から72時間以内に正しく服用してれば問題なく避妊できます。

 

その後、起きる出血が着床出血などという事はまず有りえません。

 

紛れも無く、その出血は消退出血です。

 

避妊に成功した立派な動かぬ証拠の消退出血です。

 

ホルモンのバランスはストレスの影響を直に受ける物です。

 

 

アフターピルを使用するまでの経緯だって

 

大半の女性が

 

ストレスに成ってる事でしょう。

 

事情はそれぞれ

 

違うと思いますが、妊娠の恐怖に晒される

 

精神が受けるストレスは相当な物の筈。

 

その影響で消退出血の後に正常な生理が止まってしまっても決して不思議な事ではありません。充分に想定される事です。

 

ただ消退出血を待つ上でも1つの目安が有ります。それは本来の生理予定日を過ぎても消退出血が起きない場合は「万が一」を視野に入れて速やかに産婦人科医を受診してください。

 

アフターピルでの避妊が成功した場合に出血が起きるタイミングとして服用後、早くて3日後。遅くとも3週間程で出血が起こります。

 

中には丁度、生理予定日に出血が始まったという人も居るでしょう。けれど
この生理予定日を過ぎても出血が無い場合は、やはり心配ですので受診するようにしましょう。

 

一番良い方法は、アフターピルを手元に用意しておいて万が一に備える事だと考えます。